午前と午後の教室風景🐈🍉🍍

本日は

10:00から虹の橋を渡ったシーザー君を描いているK.Fさん

13:00からマロン君・ナッツちゃんきょうだいと暮らすS.Aさん

が来てくれました。


まずはK.Fさんの絵からご紹介します🤗


前回までの絵がこちら。


今回は描いているうちに少し長くなってしまった鼻を修正するところから、はじめました。


色鉛筆って消せるの?🤔と、疑問に思われた方も多いと思います。


筆圧の強さや、色鉛筆のメーカーによって違いはありますが、MDFボードの場合の多くは電動消しゴムで消せます。


とは言っても完全に消すことは難しいので、色を入れる時は慎重に…


シーザー君は黒猫さんなので、鼻を短くして、そのまわりに黒い毛を密に埋めれば、修正したことは完全にわからなくなります。(シーザー君の黒い毛に感謝🐈‍⬛💕)


毛を1本1本描く植毛作業で頭が煮詰まってきたら、背景を入れて気分転換🎵


「背景に使いたい色があるんです😊」とK.Fさんが見せてくれたのは左のカレンダー。バリ島🏝の風を感じます❣️


グリーンとゴールドの配色がとても素敵なので、こちらを参考にしてシーザー君の背景を塗っていきます。


画面がギュッと引き締まりましたね💚✨


次回は植毛作業の最終調整。そして目の光、耳毛、ヒゲを入れて完成を目指しましょう!🙌🌟


続いてS.Aさんの絵をご紹介します🤗


現在マロン君のぬん顔を描いています。


前回までの絵がこちら。


地色として体に白を塗った上から白い毛を1本1本描き入れましたが、体の前面すべてに入れると毛が目立たない…独立した1本1本の毛ではなく潰れて見える…


という問題を解決するため、ふたりで頭を悩ませ


出た結論は「薄いグレイで地色を塗り、その上から白い毛を1本1本描く」という方法でした。


体の前面、左半分にだけ、白い毛が入っています。毛が潰れることなく1本1本独立して見えるのは、地色として仕込んだグレイが毛の影としての役割を果たしてくれているからだと感じています。


目に色を入れ、目尻側の毛も茶色で描き入れました。


頭の上の向日葵🌻あと二輪咲きます。


マロン君のぬん!とした顔と、向日葵のぬん!と伸びている様子がリンクする瞬間が、いまから楽しみです😸💕


S.Aさんからお土産をいただきました😍箱がとてもかわいい!✨


いざ!開封!


中身はアーモンドが入った抹茶チョコレートです。とても美味しく何個でも食べられちゃいます😚🎵


S.Aさん、絵を描いている時の疲労回復アイテムありがとうございます!❤️✨


他にも本を2冊📗📗持って来てくれました。


1冊目は「猫の寿命は8割が”ごはん”で決まる!


Amazonの内容紹介から引用すると

・猫に重要な栄養ランキング1位は、たんぱく質
・健康な猫に必要な1日の水分量は、体重1㎏あたり50ml
・刺身ひと切れは、猫にとっての10切れ
・猫が肥満になると、約3倍も死亡率が高くなる
・子猫は成猫より栄養が必要!
・猫のダイエットを成功させる3つのポイント
・獣医師が教えるキャットフードの選び方
・こんな記載のあるフードにはご用心!
・同じ食べ物を与え続けるのは好ましくない
・フードのおねだりをかわすコツ
・子猫時代の食事が食に対する好みを決める
・シニア猫はフードの質より食べてもらうことを優先する
・動物病院を受診する前にフードをあげない
・おやつを与えるのは食後がベスト ほか

キャットフードの基本・選び方・与え方・おやつ選びなど、必要なことがポイントを絞って、とてもわかりやすく書かれています。


全ページ読んだ感想としては、フード選びに迷ったらネットを参考にするよりも、こちらの本を参考にしたほうが確実だということ。


いきなり購入するのは勇気がいる、ちょっと読んでみたい、という方は図書館で借りてもいいですね🎵


2冊目はS.Aさんが作った「マロン君・ナッツちゃん1歳のあゆみ」です。


0歳のあゆみに続いて2冊目です。


中を見せてもらいましたが、画質が良く、ページ数も多く、文字入れも出来る!✨


こちらのアルバムは「シマウマプリント🦓」で作ったそうです。スマホ内の写真から簡単に作ることができ、デザインも豊富でお手頃価格だと聞き、私もルナさんと柚子さんのアルバムを作ってみることにしました🐈🐈❤️


最後にS.Aさんの作品たちがひとつの額におさまった写真をご紹介して本日のブログを締めくくります。


気がついたら6枚!(プラス、かんなちゃん1枚)


合計7枚の絵が完成していました。


白い額✨とても爽やかです✨ケント紙に合いますね😊



★「猫のいる 猫の絵教室 ATELIER cats」公式HP

猫のいる 猫の絵教室 東京 江東区 最寄り駅 京葉線 越中島駅 門前仲町駅 月島や勝どきから便利な都営バスも出ています猫の絵を描く 色鉛筆 猫と触れ合える 東京 江東区 門前仲町 越中島
猫のいる 猫の絵教室 東京 江東区 最寄り駅 京葉線 越中島駅 門前仲町駅 月島や勝どきから便利な都営バスも出ています atelier-cats.com
猫のいる 猫の絵教室 東京 江東区 最寄り駅 京葉線 越中島駅 門前仲町駅 月島や勝どきから便利な都営バスも出ています

★Twitter

猫さんたちと猫画家まこの日常(@Luna_and_Yuzu)さん | Twitter猫さんたちと猫画家まこの日常 (@Luna_and_Yuzu)さんの最新ツイート。★8歳のマンチカン・ルナさん ★3歳の日本猫MIX・柚子さん ★鉄道旅行が趣味の猫画家まこ 猫さんたちの日常と、猫の絵を発信中♪東京・江東区で「猫のいる 猫の絵教室」やってます。フォローは付けるも外すも自由です。コメント歓迎!猫トークしましょう(*´▽`*)
猫さんたちと猫画家まこの日常(@Luna_and_Yuzu)さん | Twitter twitter.com
猫さんたちと猫画家まこの日常(@Luna_and_Yuzu)さん | Twitter

★YouTube

はじめまして。東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で猫のいる猫の絵教室をやっている猫画家まこです。小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。 描いた絵を...
 www.youtube.com

猫画家まこ
  • 猫画家まこ
  • 東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で「猫のいる 猫の絵教室」を運営しています。

    小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。

    しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。

    描いた絵をインターネット上で発表したところ、友人・知人・ツイッターを通じて「うちの子を絵にしたい」という依頼を受けるようになります。

    それと同時に「うちの子を自分の手で描きたい」というご要望も多かったため、2019年12月に猫の絵教室をオープン。生徒さんたちの技術習得と癒しの場になるよう、日々改善を重ねています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です