アルハンブラ君とF.Mさん😊😺🌸

ノルウェージャンフォレストキャットのアルハンブラ君と暮らすF.Mさんが越中島教室にはじめて来てくれたのが2020年1月25日。(ブログを遡って調べました😸🌟)


その時点では「今まであまり絵を描いたことがなかった」と話していましたが、


どうやら猫の絵を描く楽しさの沼にハマったようで


それから2年2ヶ月、自分のペースでコツコツと描き続けてくれています🥰


こちらがアルハンブラ君


魚は尻尾から食べる派のようです😋🐟


\ キリッ✨ /


いろんな仕草や表情をしてくれるので、見ていて飽きないです💕


ケント紙に描くことが多いF.Mさん。最近久しぶりにMDFボードに挑戦し、紙とはまた違った楽しみを感じているそうです😄🌟


今年の目標は「週に一度は絵を書く時間を持つこと」


そして、それを、いまのところ達成しているそうです(凄い!👍🌟)


一月、二月はハガキサイズのスケッチブックに鉛筆でデッサンをされたそうです。


チラッと見せてもらいました🙏❤️(ありがとうございます!✨)


マンチカンのごましおさん


ヨーロッパヤマネコの仔猫さん


トレースからはじめて、ここまで画力が伸びるとは❗毎週末、二時間くらい時間を確保して描いている成果が出ていますね👍❤️


やはり画力は1日にしてならず、描き続けることが大事だなあとF.Mさんとメールで話していて実感したのでした。


あっ💦ブログも書き続けることが大事ですね💦


夏休みの宿題は31日にすべて泣きながらやるタイプだったわたし😅


F.Mさんのように、計画的に努力を重ねていける人間になりたーい!🏃🏃


いまからでも、なれるでしょうか。


\ …zzz /


あ、あの〜…柚子さん…


寝ないで〜🤣笑



「猫のいる 猫の絵教室 ATELIER cats」公式HP


Twitter


YouTube

猫画家まこ
  • 猫画家まこ
  • 猫の絵を専門に描いたり、教えたり、売ったりしている猫画家まこです。

    小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。

    しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。

    描いた絵をインターネット上で発表したところ、友人・知人・ツイッターを通じて「うちの子を絵にしたい」という依頼を受けるようになります。

    それと同時に「うちの子を自分の手で描きたい」というご要望も多かったため、2019年12月に東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で「猫のいる 猫の絵教室」をオープン。

    2021年11月からは東京・豊島区(最寄り駅は要町)の保護猫喫茶・要にゃんこ亭さんで月に1回対面レッスンをしています。

    オンラインでは
    ・デッサン講座
    ・色付け講座@ケント紙
    ・色付け講座@木の板
    を各レッスン週に2回教えています。

    岡山県生まれ。しし座のO型。趣味は鉄道旅行。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。