メイちゃんをケント紙とMDFボードに描く💕

オンラインでの色つけ3回講座@ケント紙に参加してくれたI.Mさん。


その時はこちらの教材写真を使い


ふんわりとした猫さんを描きました🤗💕


その後にゃんと!嬉しいことに😻


ストアカを通して対面講座に2度来てくれました✨


描くのは1ヶ月前に8歳で虹の橋🌈を渡ったメイちゃん。



たくさんのお写真の中から選んだのは?


仔猫時代のメイちゃんです!☘️


下絵を作るところからスタートして


地色を入れ


植毛✍️植毛✍️ひたすら植毛✍️✍️✍️


そのあと背景に色をつけ


電動消しゴムでひげを抜き


ノック型消しゴムで体の白い毛を抜いたら


完成です!😊✨


こちらの絵を描いた2日後


今度はMDFボードに描いてみたいと、再度お越しくださったI.Mさん。


使ったのは前回と同じお写真です🌟


MDFボードに下絵を作り


地色を入れ(今回は青色にしました😄✌️)


植毛作業✍️✍️✍️✍️✍️


そのあと目を入れ


耳毛を描き入れ


背景を塗っていきます


背景が塗れました🌟


このあと背景にシャボン玉を水彩絵の具で描き


ひげを入れたら


完成です🤲❤️


同じ写真から描いたメイちゃん。


並べてみると違いがよくわかりますね✨


黒色が入っている猫さんはMDFボードが向いているのではないかとI.Mさん。


確かに、そうかも🤔💡


お互いに発見のあった、充実したレッスンになりました!🌟🌟🌟



「猫のいる 猫の絵教室 ATELIER cats」公式HP


Twitter


YouTube

猫画家まこ
  • 猫画家まこ
  • 猫の絵を専門に描いたり、教えたり、売ったりしている猫画家まこです。

    小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。

    しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。

    描いた絵をインターネット上で発表したところ、友人・知人・ツイッターを通じて「うちの子を絵にしたい」という依頼を受けるようになります。

    それと同時に「うちの子を自分の手で描きたい」というご要望も多かったため、2019年12月に東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で「猫のいる 猫の絵教室」をオープン。

    2021年11月からは東京・豊島区(最寄り駅は要町)の保護猫喫茶・要にゃんこ亭さんで月に1回対面レッスンをしています。

    オンラインでは
    ・デッサン講座
    ・色付け講座@ケント紙
    ・色付け講座@木の板
    を各レッスン週に2回教えています。

    岡山県生まれ。しし座のO型。趣味は寂れた温泉街を歩くこと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です