ハナちゃん・ミミちゃん・みーくん・すずちゃん

中島みゆきの歌「あの娘」みたいに、名前を並べてみました。


ゆう子 あい子 りょう子 けい子 まち子 かずみ ひろ子 まゆみ🎵


80年代の歌だとばかり思っていたら1994年の曲でした。


深夜ラジオ📻ではじめて聞いた時「破壊力のある曲だな〜」と感じたことを思い出します。


破壊力があるといえばK.Aさんと暮らすミミちゃん。


ふたりの”ニャンギなき戦い”は、まだまだ続いているそうです。


💩をベランダの片付けやすいところにして中途半端に困らせるだけでなく


ご飯の時もマグロを食べたいから「ウェットフードは食べたふり」をするミミちゃん。


「マグロはウェットフードを食べたあとよ。」というK.Aさんの前で


舌を出したり、顔を上下に動かしたりして食べる真似をするミミちゃん🐱(フードが減っていなくてバレバレなのに!)


最後はK.Aさんが根負けしてマグロをあげているそうです😅


トイレで💩をしたあとも砂をかけずにしらんぷり。


その後始末をするのが年上のハナちゃん。ミミちゃんの💩の上に砂をザッザッとかけてあげるのです🥲


なんて心優しい…🥲


🌼ハナちゃん🌼


前回までのハナちゃんの絵がこちら🌟


そして今回


ルナさんのいつもの洗礼を受けながら


丸かった顔をシャープに修正して


ここまで進みました😆✌️


このあと目を入れたら背景に入れそうです🌟


ハナちゃん・ミミちゃんに続いてご紹介するのは?


みーくん・すずちゃんです🤗✨


お母さんがキジトラのみーくん


娘さんのKちゃんがハチワレのすずちゃんを描いています。


作画風景


そうしてお母さんはみーくんの下絵が完成❣️


手が長く、体型がポテッとしているのが特徴です。


娘さんのKちゃんはすずちゃんの黒い毛と白い毛を3回ずつ描いてぼかす、描いてぼかすを繰り返しました💕


次回は背景を入れていきます!


【おまけ動画】



「猫のいる 猫の絵教室 ATELIER cats」公式HP


Twitter


YouTube

猫画家まこ
  • 猫画家まこ
  • 猫の絵を専門に描いたり、教えたり、売ったりしている猫画家まこです。

    小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。

    しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。

    描いた絵をインターネット上で発表したところ、友人・知人・ツイッターを通じて「うちの子を絵にしたい」という依頼を受けるようになります。

    それと同時に「うちの子を自分の手で描きたい」というご要望も多かったため、2019年12月に東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で「猫のいる 猫の絵教室」をオープン。

    2021年11月からは東京・豊島区(最寄り駅は要町)の保護猫喫茶・要にゃんこ亭さんで月に1回対面レッスンをしています。

    オンラインでは
    ・デッサン講座
    ・色付け講座@ケント紙
    ・色付け講座@木の板
    を各レッスン週に2回教えています。

    岡山県生まれ。しし座のO型。趣味は鉄道旅行。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です