昨日に引き続き🍉

本日の教室、賑わっていました😄🌻🌻

🐈黒猫シーザー君の完成を目指すK.Fさん

🐈ストアカ単発講座からS.Mさん

🐈マメゾウ君に最後の仕掛けをするW.Aさん

が来てくれました✨


10:00〜の作業風景✍️(左:K.Fさん、右:S.Mさん)

右下にはルナさんの大きいお尻が…!😆

まずはK.Fさんの絵からご紹介します🌻


本日完成した黒猫シーザー君(MDFボード・A4サイズ)


\ シーザー君って俺様のことだよ!✨ /


完成までの道のりを振り返ってみましょう🐾


まずはデッサン✍️


続いて光の部分に緑系の色で地色を入れ


植毛✍️🔥


植毛!✍️✍️🔥


途中でペイズリー柄の背景を描いて、シーザー君とのバランスを見ます。


金色が入ると雰囲気がガラッと変わりますね✨(ぺんてる筆・金の穂を使用しました)


そして本日最終調整。


目に光を入れ


左前足の爪を出し


シーザー君の黒い毛と背景の色味を調整し


黒いヒゲを描き入れたら


完成です!🐈‍⬛❤️✨


目に光が入ると、やはり違いますね✨


「飾る額はすでに買ってあるので、あとは飾るだけなんですよ」とK.Fさん。


シーザー君🐈‍⬛☘️愛されてます!


きっと虹の橋の向こうで「俺様のこと描いてるな」って見てるはず🌈


レッスンの途中、こんなことがありました。


シーザー君に嫉妬されてしまうかな?


そんなK.Fさん👩コストコに行かれたそうで、Bigなお土産をいただきました🎁🎁🎁


ひとつめはナッツとブルーベリーのマフィン😋


ルナさんの顔よりも大きいマフィン✕2🧁🧁


横から大きさを比較。ルナさんは約4,4kgです。


ふたつめは、これまたBigなチョコレートチップス


わたし・S.Mさん・K.Fさんの3人で試食したところ、日本人の口に合う、ほどよい甘さでした😋🌺


人気商品なのも頷けます🌟


さらに、みっつめ😆😆


こちらはコストコ商品ではなく、ONの日・OFFの日両方使える靴下です🎵


左のピンクはお洋服に合わせて、右のハイビスカスはお部屋で履きます!😄✌️


K.Fさん✨素敵なお土産をたーーーーーくさん🎁🎁🎁ありがとうございます!✨


マフィンは🧁私がナッツ、S.Mさんがブルーベリーと、それぞれいただき


ナッツマフィンは、あんなに大きかったにも関わらず、ペロリ😋と私のお腹におさまりました。笑


続いてS.Mさんの絵をご紹介します🌻


描いたのは現在一緒に暮らしているベンガル🐈のハッピー君…ではなく、以前一緒に暮らしていたペルシャ猫のミリオンちゃんです✨


もっふもふ〜😍❤️


デッサンからスタートして


影色と地色を入れ


MDFボードが見えなくなるくらいコッテリと白色を毛として塗り込み


背景をまだら塗りしてぼかしたら完成です✨

白いヒゲもしっかりと目立っています💕


幻想的な背景の色選びも、ミリオンちゃんにぴったりです(*^^*)


ストアカの単発講座は1回完結なので、気が向いた時だけスポットで来てポストカードサイズの絵を完成させることが出来ます。


S.Mさん、本日はありがとうございました!✨ベンガルのハッピー君や先代の茶トラさんが描きたくなったらら、またいつでもお待ちしています🤗🎀


続いてW.Aさんの絵をご紹介します🌻


本日マメゾウ君が完成しました!✨最後に仕掛けも用意してあります😸さて、なんでしょう。


答えは一番最後にありますよ🎵


あっ!気になるからってスクロールで飛ばし読みしちゃダメですよ〜😆笑


それではマメゾウ君🐾完成までの道のりをどうぞ🤲❤


柄が特徴的なマメゾウ君

デッサンからはじめ


地色を入れ


植毛作業✍️🌟


目が入るとキリッと顔が引き締まりますね✨


そのあと背景を塗り


ぼかしたあとヒゲをアロンアルファでつけ、

みんにゃのヒゲ、とても長〜〜〜いです😮❗

乾いたところでボードより、やや長めに切りました😄


マメゾウ君完成おめでとうございます👏👏✨


そらちゃん、しまちゃん、ももちゃんに続いての4作目です🐈🐈🐈🐈


次に描くのは?!


W.A家🏠唯一の長毛種「さくらちゃん」です😄❤️


美しい…😍❤️ノルウェージャンフォレストキャットそっくりな横顔です✨


しかしこの構図は難易度高し!💦


顔の向き、そして見えていない部分をどう補うか🤔


デッサンが完成したらブログに掲載しますね☘️お楽しみに!🤓✌️



「猫のいる 猫の絵教室 ATELIER cats」公式HP


Twitter


YouTube


猫画家まこ
  • 猫画家まこ
  • 東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で「猫のいる 猫の絵教室」を運営しています。

    小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。

    しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。

    描いた絵をインターネット上で発表したところ、友人・知人・ツイッターを通じて「うちの子を絵にしたい」という依頼を受けるようになります。

    それと同時に「うちの子を自分の手で描きたい」というご要望も多かったため、2019年12月に猫の絵教室をオープン。生徒さんたちの技術習得と癒しの場になるよう、日々改善を重ねています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です