トレースとデッサン

下絵を作るには2種類の方法があります。


それは


「トレースとデッサン」


トレースとは、いわゆる写し絵のことです。


ケント紙の場合はトレース台を使って


MDFボードの場合はコピー用紙にコピーしたお写真とボードの間にカーボン紙を挟んでなぞり描きします。


そうすると…


★ケント紙


★MDFボード


このように簡単に下絵を作ることができます。


トレースに向いているのは


・デッサンからはじめるのは勇気がいる

・下絵を簡単に作りたい

・色付けメインで学びたい


といった方です。


トレースに必要なものは


★ケント紙の場合

描きたい絵のサイズ(ハガキ・B5サイズ・A4サイズ)のお写真。


★MDFボードの場合

描きたい写真を、描きたい絵のサイズ(ハガキ・B5サイズ・A4サイズ)に合わせてコピー用紙にコピーしたもの。


コピー機が家にない場合はセブンネットプリントが登録不要で便利です。写真プリント・コピー用紙にプリント・はがきにプリント、自由自在です。


私はいつも下の画像「ユーザー登録なしでプリントする」をクリックして


スマホの場合はアプリをダウンロードするように促されますが、それは無視してパソコンから利用する「今すぐファイル登録」をクリック。(スマホだからアプリをダウンロードしなければと思いがちですが、そこはちょっとした罠ですね🌀迷わず「今すぐファイル登録」をクリックしましょう。)


そうすると、このような画面が出てきます。利用規約に同意するにチェックをつけて「利用を開始する」ボタンを押すと


普通紙・フォト・はがきと、自由にスマホ内のお写真をプリントできます。ファイルをUPして登録、受付番号をメモ📝しておきましょう。


あとはセブンイレブンへ行き、こちらの機械を使います。


左側、上から2番目の緑色「プリント」を選択。受付番号を入力します。


いろいろな大きさで印刷することができました🌟


MDFボードにトレースする時はもちろん、紙にすると描き込めるのでデッサンの時にも役立ちます。


ファミリーマートは会員登録が必要、ミニストップは安いけどインクの質が悪いので、私はいつもセブンイレブンでプリントしています。


うちの子🐈を描いてみたいけど絵を描くのは学生時代以来という方、とても多いです。


そんな時にはトレースという方法もあることを提案しています。


そこで「トレースってどうやるの?」という質問が多かったので、今回記事にまとめました😊


わかりにくい部分があれば、コメント欄やメールでご質問くださいね✍️🌟



★「猫のいる 猫の絵教室 ATELIER cats」公式HP

猫のいる 猫の絵教室 東京 江東区 最寄り駅 京葉線 越中島駅 門前仲町駅 月島や勝どきから便利な都営バスも出ています猫の絵を描く 色鉛筆 猫と触れ合える 東京 江東区 門前仲町 越中島
猫のいる 猫の絵教室 東京 江東区 最寄り駅 京葉線 越中島駅 門前仲町駅 月島や勝どきから便利な都営バスも出ています atelier-cats.com
猫のいる 猫の絵教室 東京 江東区 最寄り駅 京葉線 越中島駅 門前仲町駅 月島や勝どきから便利な都営バスも出ています

★Twitter

猫さんたちと猫画家まこの日常(@Luna_and_Yuzu)さん | Twitter猫さんたちと猫画家まこの日常 (@Luna_and_Yuzu)さんの最新ツイート。★8歳のマンチカン・ルナさん ★3歳の日本猫MIX・柚子さん ★鉄道旅行が趣味の猫画家まこ 猫さんたちの日常と、猫の絵を発信中♪東京・江東区で「猫のいる 猫の絵教室」やってます。フォローは付けるも外すも自由です。コメント歓迎!猫トークしましょう(*´▽`*)
猫さんたちと猫画家まこの日常(@Luna_and_Yuzu)さん | Twitter twitter.com
猫さんたちと猫画家まこの日常(@Luna_and_Yuzu)さん | Twitter

★YouTube

はじめまして。東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で猫のいる猫の絵教室をやっている猫画家まこです。小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。 描いた絵を...
 www.youtube.com

猫画家まこ
  • 猫画家まこ
  • 東京・江東区(最寄り駅は越中島・門前仲町)で「猫のいる 猫の絵教室」を運営しています。

    小学生から絵を描きはじめ、18歳ごろからは風景画を好んで描くようになります。

    しかし猫さんをお迎えしたことから一変。狂ったように猫絵画ばかりを描くようになり、これ以上に惚れ込めるモチーフはないと確信。

    描いた絵をインターネット上で発表したところ、友人・知人・ツイッターを通じて「うちの子を絵にしたい」という依頼を受けるようになります。

    それと同時に「うちの子を自分の手で描きたい」というご要望も多かったため、2019年12月に猫の絵教室をオープン。生徒さんたちの技術習得と癒しの場になるよう、日々改善を重ねています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です