過去の画家たちが遺した有名な猫の絵① コラム

過去の画家たちが遺した有名な猫の絵①

猫というモチーフは昔から西洋問わず、画家たちに愛されてきました。 今回は江戸時代を代表する猫絵師 歌川国芳とそのファミリーにスポットを当てていきます。 まずは、歌川国芳の作品から。 右上の猫さん、ご飯を目の前にして舌を出し「待てないにゃー」といった表情が何とも愛らしく心くすぐられます♥…
お教室に飾る絵、いろいろ 運営奮闘記

お教室に飾る絵、いろいろ

ポストカードの集合体 ケント紙にふんわりB5サイズ 木の板にクッキリA4サイズ と、お教室に飾る絵を3種類用意しました。 1ヶ月に1回は中身を入れ替えて、季節感のあるプチギャラリーをお教室の中に作ります♡ 額に入れたところ。これから飾ります。 私が使っているのはニトリの額。 種類が豊富でリーズナブル…
開業への道② 開業への道

開業への道②

ついに開業日が決まりました! 2019年12月5日(木)です! あと1ヶ月と11日... 迫り来る開業日。やる事たくさん。すでにパンクしそうです。笑 前回はSEO対策をしたところまで話しました。 あれから ④SNSの整理 放置しすぎて草ボウボウだったSNSたちを整理しました。Twitterのほうは、…
ケント紙とMDFボードの違いについて 画材と技法

ケント紙とMDFボードの違いについて

お教室では、2種類の猫の描き方を教えています。 ①ケント紙にふんわりと描く ②MDFボードに日本画風にハッキリと描く ケント紙に描くか、MDFボードに描くかで、こんなにも違いが出るのか!と、驚かれると思います。 ちなみに ★ケント紙とは 高級紙の一種。色調は純白で、紙質は硬く締っている。イギリスのケ…
猫の絵作品集① 猫の絵作品集

猫の絵作品集①

公式HPを中心に、SNSとブログをやっています。 ですが、それだとブログ読者の皆様には猫画家Makoってどんな絵を描いているの?ということが伝わりにくいと思うので、たまに猫の絵作品集の記事もUPしたいと思います。 それでは、早速! 三毛猫さんと椿 星に願いを(モデル猫はアビシニアン) 肩乗り猫 仲良…
門前仲町と酒と芸者 近隣駅探訪

門前仲町と酒と芸者

うん。なかなか粋なタイトルになったではないか。 ハイ。みなさんご存じ「酒と泪と男と女」のノリでタイトルをつけました。 今回の近隣駅探訪は演歌の似合う街、門前仲町(通称モンナカ)です。 お教室のある越中島からぶらりと歩くこと約11分。 江戸時代には伊能忠敬も住んでいたという街に到着です。 門前仲町駅前…
越中島は都会の秘境駅?! 近隣駅探訪

越中島は都会の秘境駅?!

八丁堀から一駅、東京駅から二駅なのに、どうしてこの言われよう。 Googleで「越中島」と検索すると、都会の秘境と出てきます。 ちなみに駅前の写真がこちら。 駅からお教室までの道のりを、よりわかりやすく説明するため、晴れた日の午後、写真をパチパチ撮ってまわっていました。 Google越中島駅のクチコ…
開業への道① 開業への道

開業への道①

「猫のいる猫の絵教室」を開業する!と決めてから、私がしたことをまとめました。 ①お教室の場所決め。 駅近であることを重視して選びました。 ②HP(PC版、スマホ版)の開設。 ホームページビルダーを使って作成。サーバーを借りて、独自ドメインを取得。Google検索に強いサイト作りを重視。サイト内には、…
お教室に飾る絵が完成! 運営奮闘記

お教室に飾る絵が完成!

キリッとした顔の猫さんが印象的な一枚です。 額に入れると、こんな感じに見えます。 お教室に飾る絵は月に1度は入れ替えるので、いろんな猫さんが見れます。 絵を描くのはもちろん、実務も並行してやっています。ブログを立ち上げてから今日まで、HPをPCだけでなくスマホでも見れるようにしたり、ネット上でお教室…
ブログはじめました。 ご挨拶

ブログはじめました。

皆様はじめまして。 はじまりは「猫の絵を描くのが好き!」という純粋な趣味でした。 数年前までは友人・知人から犬猫の肖像像画を依頼される程度でしたが、その後ツイッターから依頼されたり、絵画販売サイトで多くの方に絵を買っていただいたりと、仕事が増えていきました。 そして!なんと!この度様々な方のご尽力の…